ポポンコ

世界の名所と旅行に役立つ情報を発信するサイトです。

飲んだ後も楽しめるカモミールティーの活用法。入浴剤・ヘアケアにも

飲んだ後も楽しめるカモミールティーの活用法

おうち時間が長くなってから、ちょっといいものをと春から飲み始めているのが「カモミール」です。

最近、自然派の消毒スプレー、シャンプー、入浴剤などに、カモミールがよく使用されているのを見て、どんな効能があるのか気になって調べてみると、何気なく毎日飲んでるカモミールに、すごい効能があることがわかりました。

実際、冷え性が緩和したり、半信半疑だったティーリンス効果もかなり良かったので、カモミールの効果について、くわしく紹介したいとおもいます。 

薬品に頼らなくても、ハーブのチカラでいろいろ対処できるなんて驚きでした。

カモミールティーの効果

カモミールティーの効果

「母の薬草」と呼ばれるカモミールは、女性に嬉しい効果がいっぱい。

家族の風邪予防・花粉症対策・口臭予防もできて、ノンカフェインなので、家族みんなで愛飲できる万能ハーブティーです。

➤血行をよくして冷え性を改善

➤PMS(月経前症候群)・生理痛の緩和

➤妊活(女性ホルモン・エストラゲンを増やす)

➤食べ過ぎ・ストレスによる胃痛の緩和

➤花粉症対策

➤肌荒れ

➤口臭・歯肉炎予防

➤髪を柔らかくしてコシを与える(ティーリンス)

➤リラックス・安眠効果

➤抗糖化成分によりエイジングケア

参考:カモミールの摂食が心身に及ぼす影響

2ヶ月ほど飲み続けて変化を感じたのは、冷え性の改善とPMSが緩和されて、普段と変わらずに過ごせていることです。

あと、シャンプー後のティーリンスは、1回目からトリートメントしたような良い感触があったので、春からずっと愛用しています。

フケ・かゆみも気にならなくなったので、地肌にも効いてる感じがします。

カモミールは、女性ホルモンや増やしたり、糖化を抑えるエイジングケアもできるので、コーヒーも好きですが、いまはカモミールがメインになってます。

カモミールティーの副作用

カモミールの副作用

カモミールには、女性ホルモン「エストラゲン」を増やす働きもあるので、妊活中の方には最適ですが、子宮を収縮させる作用もあるため、妊娠中の方は、出産を終えるまで控えましょう。

ヨーロッパでは、母乳の出を良くするために、カモミールティが飲まれているので、妊娠前と出産後に最適なハーブです。

また、カモミールはキク科の植物なので、アレルギーのある方も要注意です。

あと、ハーブティを飲むとき、歯の黄ばみが気になりませんか?

着色しやすいコーヒー、ローズヒップティー、ハイビスカスティーに比べ、カモミールティーは色が薄いので、着色の心配はありません。

カップにも茶渋がつかないので、毎日飲む方には、ここも嬉しいポイントですね。

カモミールティーの選び方 

カモミールティの選び方

左:日本で市販されている20g入れ360円 右:ドイツ製250g 15ユーロほど

・ノンカフェインのもの(ほかの葉がブレンドされていないもの)

・安全性の高いオーガニックのもの

・毎日飲むなら大き目のサイズがお得

市販のものは、だいたい20g入りなので、1回分に2g使うと、10日ほどでなくなってしまいます・・

うちは毎日、午後と就寝前にいただくので、ドイツから250gサイズを取り寄せてます。

また、カモミールには、「ジャーマンカモミール」と「ローマンカモミール」の2種類があって、ハーブティには、ジャーマンカモミールを使います。

おもな生産国は、エジプト、ドイツ、アルゼンチン、ハンガリー。

苦みのあるローマンカモミールは、アロマオイルとして同じ効能を楽しむことができます。

日本で購入できる大き目のタイプは、ふたつありました。

保存方法は、密閉できる容器に入れて、湿気の少ない冷蔵庫に入れておきます。

 

カモミールティーの作り方

カモミールティーの作り方

ハーブティの淹れ方には、蒸らすタイプと煮出すタイプがありますが、カモミールの場合は花なので、蒸らして淹れます。

【用意】一人分

・カモミール 2g

・お湯 200cc

ティーポットにカモミールをいれて、95~98℃くらいの沸騰のちょっと手前のお湯を適量入れ、すぐにフタを閉めて3分間蒸らします。

蒸らした後、フタを取ってフィルターを取り出すときは、一滴も残さずカップに注ぎます。 

そのままでも美味しくいただけますが、味をアレンジしたい時は、ミルク、はちみつ、レモンなどを加えてもよく合います。  

カモミールティーのその他の利用法

カモミールティーのその他の利用法

カモミールは、ハーブティーの他に、ティーリンス、入浴剤として、バスタイムにも活用できます。

ティーリンスとして使う

ティーリンスは、シャンプー後に、ハーブティーやお茶をリンスの代わりに使う美容法で、髪にコシ・まとまりが出るので、海外で人気があります。

普段は、アミノ酸シャンプーのみの私ですが、半信半疑で使ってみると、シャンプー後の髪が格段にやわらかくなります。

トリートメントしたようなツルンとした仕上がりになるので、コンディショナーが苦手な私も、カモミールティーなら、肌についても大丈夫なので気に入ってます。

一般的な方法は、スプレーボトルにカモミールティーをいれて髪に吹きかけて、30分以上放置して洗い流します。

私の場合、シャンプー後にカモミールティーを髪にたっぷりかけて、数分置いて洗い流すだけの時短ケアですが、十分効果を感じられています。

入浴剤として使う

市販されている自然派入浴剤にも、カモミールがよく使われていますね。

カモミールの乾燥した花をきざんで布袋にいれて、湯船にいれるだけで、クレオパトラも愛用していた、カモミールバスを楽しむことができます。

普段、なかなか寝付けない方ですが、カモミールバスの後は、すぐに眠気を感じて安眠できるので気に入ってます。

【期待できる効能】

・湿疹、かぶれ

・消炎作用

・冷え性の緩和

・神経痛

・風邪予防

・日焼けケア

・リラックス

妊娠中の方は、カモミールバスも控えましょう。

おわりに

カモミールティーの効果

リラックス効果で知られるカモミールには、女性に嬉しい効能や意外な利用法があることがわかりました。

おうち時間が長くなると、イライラすることもありますが、このカモミールのおかげか、普段よりも体調も心も安定しているように思います。

長く続けていきたいので、自家製カモミールティーにも挑戦してみたくなりましたし、また、植物療法についても、もっと知識を深めていきたいとおもいました。 

🌸最後まで読んでいただきどうもありがとうございます🌸